埼玉の市町村

熊谷で観光

熊谷で観光に行くなら、どこに行けばいいのでしょうか?ここでは、オススメの場所をいくつか紹介してみたいと思います。まず、おすすめはグライダーの滑空場。熊谷の利根川河川敷に広がるグライダーの滑空場は、滑空時間、飛行回数が日本一を誇る大規模な滑空場です。開放感ばつぐんでダイナミックなグライダーの飛行を見ていると、なんだか心が晴れ晴れします。熊谷を訪れたときには、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか?

 

次にオススメなのは、熊谷さくら運動公園。ここには、日本庭園や芝生広場、子供広場などがそろっていて、ご家族連れで行くならぴったりの場所です。テニスコートや野球場もありますので、レジャーにもいいですし、お子さんのスポーツの応援にいらっしゃる方なども多い場所です。特に見事なのは春で、桜の名所とも言われていますので、必見ですよ。夏場にはプールもあります。そして、熊谷にはここ以外にも、桜リバーサイドパークなど桜の名所がありますので、桜の季節にはぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

 

そのほか、熊谷には自然と触れ合えるスポットがたくさんあります。大小さまざまな特徴を持つ公園をめぐったり、市の魚でもあるムサシトミヨの生息地に行ってみたり、清流を楽しんだり、と楽しみ方はいろいろです。また、季節ごとにさくら祭りやうちわ祭りなど、特徴を持つお祭りがおこなわれていますので、せっかく熊谷を訪れるならそんなお祭りに合わせて楽しむのも、良い方法かもしれませんね。


行政書士

行政書士に関する様々なお役立ち情報をご案内しています。
www.gyouseisyoshi.info/


所沢の名物

所沢の名物とはなんでしょうか?観光でも、ちょっと立ち寄るだけでも、その土地を訪れたとき、その土地ならではのものが食べられたらうれしいですよね。伝統とされてきたような食べ物や、その土地でとれた野菜を使ったメニューなど、「その場所ならでは」の食べ物を食べると、より深くその地域が分かるものではないかと思います。ここでは、そんな所沢の名物を紹介してみましょう。

 

まず、所沢の名物というと「うどん」が挙げられます。手打ちうどんは所沢の名物で、市内には多くのお店があります。名物もそのお店ごとに違って、普通のうどん以外にもサラダうどんやカレーうどん、肉汁うどん、せいろ、鴨うどんなど、バリエーション豊かです。うどんはそれほどお腹にもたれませんので、気になるところをいくつか食べ歩いてみるのも楽しそうですね。所沢の観光協会では、うどんマップなども配布していますので、うどん好きの方は調べてみてはいかがでしょうか。いくつか食べ歩いて、自分だけの「マイうどん」を探すというのも、所沢の楽しみのひとつですよ。

 

次に、焼だんごも所沢の名物のひとつです。所沢の焼だんごというと、しょうゆにつけて焼いた素朴な味が魅力のおだんご。しょうゆの香りが香ばしく、「昔ながら」の味でありながら、一度食べるとやみつきになってしまうような魅力があります。おだんごは「ちょっとしたおやつ」にも最適ですし、小腹がすいたときにお腹を満たすにもぴったりです。所沢に立ち寄ったときには、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

春日部の自然

春日部市はたいへん自然が豊かな土地です。四季折々の花や木々が満喫できる公園や川沿いなどが数多く存在します。晴れた日には大空のもとで、四季を彩る草花に囲まれて、自然と戯れながら散歩するのは大変気持ちの良いものです。春日部では自然豊かな場所が多く、花を楽しむのに適した名所が市内各地に点在しています。

 

春と言えばサクラですが、春日部にも綺麗なサクラが見られ花見なども行われるようなところがあります。内牧公園のお花見広場は、桜が満開の季節になると、友達や仕事仲間、家族などの花見でにぎやかになります。広場の周りには色鮮やかな桜が咲き誇り、春の陽気でお花見を満喫することができます。園内には芝生やアスレチックもあるので、小さな子どもでも遊べ、家族連れでも楽しむことができます。サクラの名所としては大落古利根川沿いの遊歩道も有名です。サクラが満開になると桜並木が道行く人の目を奪います。この遊歩道は、緑道沿いに公園やトイレもあるので散歩にも適しています。また、川沿いには菜の花も咲き乱れるので、特に春は豊かな花の色鮮やかな光景を楽しむことができます。

 

春日部市には藤の花の名所もあります。「牛島の藤」では、推定樹齢1200年の藤棚があります。これは300平方メートルもの面積を誇り、国内最大級の藤棚となっています。牛島の藤は、5月上旬には満開となり、多くの観光客が訪れます。また、「ふじ通りの藤棚」も有名です。春日部駅西口から続くふじ通りには、222本の藤の花が大通りの両側に植えられています。


川口の産業

川口の産業は、川口の歴史と深くかかわっています。川口が東京(かつての江戸)という大消費地に近くその生産場所としての役割を担っていたからです。もちろん、この構図は今も変わりません。川口の伝統的な産業と言えば、「鋳物」と「植木」になりますが、その発展は、明治時代から始まり、埼玉県内で最大の産業都市として発展してきました。オイルショック後は、生産性の低下など低迷期を向かえました。東京都に隣接するという地理的要因によって、人口増加地域であったことも多くの雇用を生み、産業が発達するという社会的要因もあり、産業都市としての川口は発展し、現在に至っています。

 

川口といえば、かつては鋳物産業が最盛を極めました。川口市街の周囲は農村地帯が広がっていましたが、現在はその農村地帯の姿はほとんど消えてしまい、工業地、商業地、住宅地などに変わり都市化が進んでいます。かつての農村地帯といえば、普通は水田や畑作を中心でしたが、川口においては、米、麦、野菜といった農作物を中心としつつも、北部の安行・神根方面では「植木」や「苗木」、西部の芝・前川・根岸方面では「綿織物」、青木・上青木方面では「釣竿」、元郷地区においては「味噌醸造」などの地場産業が地元経済を発展させてきました。

 

このように川口の産業は、東京(かつての江戸)に近いという地理的条件によって独自に産業を発達させてきました。鋳物産業を中心にしながらも多様性に富む産業が発展し、現在の川口の産業都市としての礎を築きあげてきたのです。


埼玉風俗デリヘルスタイル

埼玉専門のデリバリーヘルス情報サイトです。最新デリヘル風俗情報をリアルタイムにお届け。
www.sai-deli.jp/

川越のうまいもの情報

川越は小江戸とも呼ばれています。小江戸は昔からのグルメも根強く残っている地域です。新しいご当地グルメを生み出す動きが高まっている中、川越での昔からのうまいものの魅力を動画サイトで閲覧することができます。川越市では、以前連続TV小説に出演された俳優さんを小江戸川越観光グルメ大使として任命し、地域のイベントなどに参加してもらったり、川越の魅力を動画サイト上で発信してもらうなどの仕事をしてもらっています。10分程度の動画に魅力が凝縮されているので是非閲覧してくださいね。

 

芋料理やお菓子、うなぎ料理、うどん・そばなど川越にはたくさんのうまいものが存在しています。この中でも特に注目してほしいのが「太麺焼きそば」です。焼うどんのようないでたちの焼きそばですが、川越っこの昭和時代のおやつとして大きな人気を呼んでいた食べ物です。川越の芋料理やうなぎなどに押されがちの料理なのですが、何店舗か太麺焼きそばを提供しているお店がありますので、インターネットの口コミ等を利用してお店を探してみるとよいでしょう。

 

川越市内には地域で有名なラーメン店もあります。さまざまな魅力や特色があるラーメン店も数ありますので、ラーメンの食べ歩きをすることもお勧めです。口コミサイトなどでラーメン屋に関するレビューを記載することもできますので、食べ終えた後のリコメンドレビューをぜひとも登録してくださいね。このほかにも土産物に最適のうまいものなど川越にはたくさんありますよ。